2020年1月1日水曜日

ニャチャン(4日目)


日の出が美しいニャチャン・ビーチだけど、残念ながら雲が多くて綺麗な初日の出は拝めなかった。
今日は朝食の後、取り敢えずガイドブック掲載の観光名所「ニャチャン大聖堂」までタクシーで行き、そこから街歩き。
因みにタクシー料金は市内の移動だと大体7〜8万ドン(¥350〜¥400)と利用し易い物価。
ニャチャン大聖堂。

取り敢えず見たってだけ。
午前中は中にも入れたらしけど、この時間はすでに終了。
徒歩でニャチャン・センター(ショッピングモール)に向かう。
目的はスーパーマーケットで猫の餌を買うこと。

HILANDS COFFEEと言う日本でいうところのドトールとかタリーズ的な店で飲んだ蓮の実の入ったチーズティー?がかなり美味かった。
多分、タピオカの次には蓮の実ブームが来る。w

昔、猫の餌といえば残り物の所謂汁かけ飯的なものだったけど、多分ベトナムは今その辺り。
日本のスーパーではペットの餌コーナーはかなり大きなスペースだけど、ベトナムではペットの餌をスーパーで買うという時代はもう少し先の様だ。
かなり奥まった所に犬用が少しだけあり、猫用は見過ごしそうになる更にその一画。
それでもチュール的なものもあったのはちょっと驚き。
無事に猫餌をゲットし、次にガイドブック掲載の土産物屋を目指す。
途中、感じの良い喫茶店でベトナムコーヒーを頂く。

ニャチャンの名物を食べよう」に出ていたBanh Can (バンカン)の露店も見つけたので購入。

歩き疲れて最終的にはタクシーでホテルに戻る。
街中でタクシーを拾うのはかなり容易。料金も乗車前に行き先を告げて確認すれば、ほぼ相場の金額が返ってくる。

夕飯はホテルの目の前のかなりローカル色の濃い海鮮料理屋。

通りを隔てた向こうが投宿したEVASON ANA MANDARA RESORT
4日目になると、最初はどうやったら渡れるのか見当もつかなかった通りの横断もかなり気安くできる様になる。


夜は友達になった母猫が子猫を2匹連れてスーパーで買って来た猫餌を食べに来た。

子猫たちは警戒心が強くて、近づくと逃げてしまうけど、多分その方が安全で教育的には正しいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿