2017年12月30日土曜日

ハワイ島(2日目)

午後から夜にかけて観光に出かけるため、午前中に昨日のリベンジ。
これが今回調達したTTバイク。

ペダルは持参したSPD。
感想は後ほど。
隣のリゾートまでの移動は、こんな溶岩台地の中の1本道が延々と続く。

自転車用の路側帯は十分広く、かなり走り易い。
ワイコロアはトライアスロン大会も開催される土地柄のためサイクリストに優しい。
予めホテルの部屋に自転車を持ち込んで良いことも到着時に確認済み。


13時出発で島内観光へ。
13:00 マウナラニベイホテル出発
14:15-14:30 ロイヤルコナコーヒー
15:45-16:00 プナルウブラックサンドビーチ
16:45 ボルケーノナショナルパーク
17:00-17:15 1974年溶岩流跡
17:30-17:45 溶岩トンネル
18:00-18:45 ジャガーミュージアムでハレマウマウ火口見学(夕食のお弁当)
21:30 マウナラニベイホテル到着

ガイドしてくれた日本人女性、接し方も話し方も好感を持ったのだけど・・・
溶岩だの砂だの自然物を持ち帰ると祟りがあるって話を具体例を複数挟みながら一生懸命話してくれる。
初めはガイドどしての職責を全うしようとしているのかな?と思えたのだけど、どうやら本気でそう思ってるスピリチュアル系らしく・・・
そこまで言われると確かに持ち帰り辛い。w
黒砂ビーチで砂にペリドットが混じっていることを教えてくれたのが、その後のハワイ島での過ごし方に大きく影響した。w

ハレマウマウ火口は想像以上に赤々としていて、ちょっと感動。
しかし、ハワイに居るとは信じがたい寒さもかなりのものだった。

最後にヒロの地元民御用達スーパーに寄ってもらい買い物。
ヒロからワイコロアに抜ける4,000m級の山に挟まれた高地を抜けるサドル・ロード経由で西側に戻る。
既に暗かったので車窓の眺めはよく見えなかったけど、サドル・ロードの一番高い所は標高2,000mを超えているらしい。
ホテルに帰着したのは予定を1時間ほどオーバーした22時半頃だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿