2017年5月4日木曜日

マカオ・香港(2日目)


2日目は朝食後にショッピングモールをウロウロ。
マカオ名物のエッグタルトなどを買って部屋で昼食代りに。
午後から市内観光。
聖ポール天主堂跡、ナーチャ廟、旧城壁、聖ドミニコ教会、セナド広場、民政総署、媽閣廟、などの見所を巡ってもらう。
この辺りは15年前と変わらず。w
# 15年前はマカオGPのコースをタクシーの運転手さんに周ってもらったりした。

途中、雨に降られたりしたけど、後半は降り止んだ。
最後にガイドさんがマカオで一番美味しいと評判のエッグタルト屋を案内してくれたのだけど、行列に並んでいたら目の前で売り切れるというハプニング。

最後にやはり15年前にも登ったマカオタワーへ。
今では珍しくないけど、ガラス張りの床があって確か当時はどうやてもその上に立てなかった記憶があった。
しかし、今回は感覚が鈍ったのだろうか?別に恐るるに足りなかった。
しかし、バンジージャンプやタワーの外を命綱をつけて歩くオプションなどもやっていたけど、流石にそのリスクは侵せないと思った。

最後に地元のスーパーマーケットに寄ってもらう。
夕飯はマカオのトレードマークとなった「Grand Lisboa Hotel」内のTHE KITCHEN。
それにしても強烈な建築だ。

ホテルに戻ってせっかくなのでカジノというものを体験してみる。
しかし、ルールがわからない・・・w
マカオのカジノ・オリジナルらしい「大小」というゲームがあって、これが唯一単純明快なルール(ディーラーの操作するサイコロ3つの総和より大きいか小さいかを賭けるだけ)だったのでやってみる。
単純な確率論だけど、何回か連続して当てると手持ちのコインが面白いように増える。w
なるほど、これはハマる気持ちがわからないでもない。
しかし、ちょっと飽きてきて大穴勝負したりするとあっという間になくなる。
なかなか良くできている。
写真撮影は禁止なので天井だけ。

カジノの客層は世相を反映しているらしいが、圧倒的にインド系のお客が多い。
多分、8割くらいはインド系。
一時は中国人ばかりだったらしいけど、今は圧倒的にインド系らしい。
世界は今、そーゆーことになってるらしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿